冷え性等の病気は更年期障害の可能性有り

加齢

karei

人間は20歳で成長が止まり、そして45歳程度から本格的に老化し始めると言われています。
老化減少として特に女性の体に多く現れるのが更年期の症状、いわゆる更年期障害と言われている物です。
これは病気ではありません。ホルモンバランスが崩れる事によって起こる症候群と分類されています。

昔は更年期障害と言えば卵巣がある女性だけの物、と言うように認識されていましたが、最近になって男性にも女性の更年期障害と同様の症状が現れる事がわかってきました。
男性の精巣機能の低下によって起こる女性の更年期障害のような症状をLOHと呼びます。

症状に多少の違いはあるものの、根本的な原因は老化によって起こる精巣や卵巣と言う機能の低下であり、ホルモンバランスの乱れである事に違いはありません。

女性ホルモン

jyoseihorumon

この更年期障害と言う症状は病気ではありませんが婦人科を受診すれば十分に治療が受けられる物で、症状はだいたい閉経準備~実際に閉経するまでの前後10年間、もしくはそれよりももっと短い期間で収まっていきます。
人によっては数年間に渡って激しい症状が出たり、更年期障害による体の変化によって別の病気にかかりやすくなったりする事もあり、自覚症状が出た時点でしっかりと自衛する事が呼びかけられています。
しかし、逆に一切自覚症状の無いまま、もしくはごく軽い症状で更年期が終わって閉経してしまう人もいる等と、非常に個人差がある症状と言えるでしょう。

なぜこのように人によって症状が変化するのか、その詳しい原因は今でも明確に判明していません。
しかしこれには精神的な要因が深く関わっているとしている研究機関もあります。自分の「老い」を受け入れられずにいる方のほうが、強くこの更年期障害の症状が出てくる結果にあると言う病院でのデータも上がっています。

連鎖

女性ホルモンの変化によって起こるこの更年期障害ですが、この影響によって引き起こされる病気は様々な物があります。
1番代表的な物で骨粗鬆症、これは男女関係なくかかる人がいると言われていますが、圧倒的に女性のほうが多くなっています。
それはその原因には女性ホルモンが大きく関係しているのです。

女性ホルモンには骨を作る為に必要な骨芽細胞の働きを活発にする効果を持っており、閉経によってこれまで活発に動いていた骨芽細胞の働きが低下する事で骨粗鬆症と言う病気を発病しやすくなってしまうからなのです。


オススメ情報

更年期の症状は【更年期障害の症状改善サプリ徹底調査ランキング】